更新: 2024年4月12日
名前: Zhuk Tatyana Valentinovna
生年月日: 1973年3月13日
刑事事件の現状: 被告
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2)
現在の制限: 離れない認識

伝記

2018年11月10日、ハバロフスクでは、30人の機動隊員が友好パーティーが開かれ ていたカフェに押し入 った。ドアを壊した後、未成年者を含むその場にいた人々に対して、個人財産の押収と指紋採取を伴う集団尋問を何時間も行った。刑事事件は、彼らの宗教に関連して、何人かの党参加者に対して開かれました。その中には、 ヴィタリー とタチアナ・ズークの配偶者もいました。タチアナについて私たちは何を知っていますか?

1973年ハバロフスク生まれ。彼女には兄がいます。子供の頃、彼女はバスケットボールと音楽を演奏し、アコーディオンとバラライカを演奏しました。高校卒業後、幼稚園教諭として勤務。その後、彼女は家政婦の職業を習得しました。

19歳の時、タチアナは聖書に強い関心を持つようになりました。彼女の母親は当初、このことを心配していましたが、聖書教育が娘に有益な効果をもたらすのを見ると、彼女の選択に対する態度を和らげました。「これが、私がその空白を埋めるのに役立ったのです」とタチアナは言います。「聖書は、私のすべての質問に対する答えを見つけるのを助けてくれました。」

タチアナさんは生まれ故郷のハバロフスクで一生を過ごしてきた。ここで彼女はまた、将来の夫であるガス電気溶接工のヴィタリーと出会いました。夫婦は娘のディナとポリーナを育てました。二人ともケータリング業界で働いており、ポリーナは工科大学を優秀な成績で卒業しました。家族全員が自然の中で過ごすのが大好きです。タチアナは今でも音楽のない自分を想像できず、独学でギターをマスターしています。

ズークの配偶者の親戚や友人は、なぜ自分たちが迫害されているのか理解できず、起きていることは全くの馬鹿げていると考えている。

ケース履歴

2018年11月、ハバロフスクの民間人ニコライ・ポレヴォドフさん、スタニスラフ・キムさん、配偶者のヴィタリー・ズークさんとタチアナ・ズークさん、スヴェトラーナ・セドワさん、マヤ・カルプーシキナさんは、機動隊の小隊がカフェで親睦パーティーに乱入した後、取り調べを受けていた。3人の男性が公判前拘置所に送られ、その後自宅軟禁された。その結果、調査委員会は6人のエホバの証人を起訴しました:男性は過激派組織の活動を組織したとして、女性はそれに参加したとして。唯一の理由は、エホバ神を信じ、友人と聖書について話し合うことです。14ヶ月の公判と20回の第一審法廷で、告発の根拠のなさが明らかになり、事件は検察庁に差し戻されました。2021年12月、再び法廷に持ち込まれた。