更新: 2024年4月12日
名前: Chausov Dmitriy Vladimirovich
生年月日: 1988年2月27日
刑事事件の現状: 被告人
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2)
拘留されている: 2 日 一時拘禁施設で, 203 日 裁判前の拘留センターで, 43 日 自宅軟禁中
現在の制限: 軟禁

伝記

2023年8月、ドミトリー・チャウソフは妻の オクサナとともに、エホバ神を信じているという理由だけで刑事訴追されました。家宅捜索の後、警察官はドミトリーを公判前勾留に送致し、妻は自宅軟禁下に置かれた。

1988年クルスク生まれ。祖母に育てられた。若い頃、ドミトリーは走るのが大好きでした。放課後、鉄道専門学校を卒業。2012年に彼は軍隊に勤務しました。その後、鉄道整備士として働きました。逮捕される前は、住宅や公共サービス分野で溶接工として働いていました。余暇には、ドミトリーはブドウ栽培を実践するのが好きで、自分の小さなブドウ畑を持っています。

ドミトリーが聖書を読み始めたとき、彼は死んだ祖母を慕いながら、復活の教えに感銘を受けました。彼は神についてもっと学びたいと思い、2014年、妻と同じ日に、神に仕えるために人生を捧げました。

ドミトリーは2012年4月にオクサナと出会った。半年後、二人は結婚した。オクサナはマニキュアとペディキュアのスタイリストです。祖父母が信者だったため、幼少期から聖書に親しんできました。

宗教訴追は、夫婦の日常生活を混乱させた。ドミトリーが刑務所に入れられたとき、彼は妻の世話をし、彼女を支える機会を失いました。また、逮捕されたため、彼は深刻な病気の治療を中断しなければなりませんでした。

ケース履歴

2023年8月、クルスクでエホバの証人の家宅捜索が行われました。FSBの捜査官は、ニコライ・クプリヤンスキーとドミトリー・チャウソフとオクサナ・チャウソフの配偶者に対する刑事事件を起こした。彼らは過激派コミュニティの活動を組織し、それに参加したとして非難されました。ドミトリーは公判前拘置所に送られ、その後、ニコライとオクサナとともに自宅軟禁下に置かれた。