出典:ウドムルト共和国最高裁判所のウェブサイト

不当な判決

控訴審はポタポフとゴボゼフの判決を支持した。 彼らは禁止されていない宗教を実践するために罰金を支払います

ウドムルティア

2024年6月18日、ウドムルト共和国最高裁判所の司法合議体は、セルゲイ・ゴボゼフとミハイル・ポタポフに対する 判決 を支持した。男性はそれぞれ450,000ルーブルと400,000ルーブルを支払わなければなりません。裁判所は、被告が控訴審で引用した主張を無視した。

ゴボゼフとポタポフは、第一審の評決は違法だと考えている。彼らは、自分たちが迫害されているのは、自分たちがキリスト教のエホバの証人であり、過激主義の兆候もなく、法律で禁じられていない方法で自分たちの宗教を公言しているからだと確信しています。セルゲイ・ゴボゼフは、「私を有罪と認定した」と述べ、「裁判所は、私の行動の結果としてどのような結果がもたらされたかを決定しなかった。そして、それらを評決に反映させなかった」と述べた。

セルゲイ・ゴボゼフは、控訴院に、審査や物的証拠に関連するものを含む、多数の手続法違反に注意を喚起した。聞き取り調査を受けた目撃者の誰一人として、彼から過激派の発言を聞いたことはなかった。

ミハイル・ポタポフは、平和的な礼拝に参加したとして非難されたが、出席もしなかったと強調した。彼はまた、訴状の中で、国家とすべての役人は中立性と公平性を維持する義務があり、宗教的信念の正当性を評価し、何を信じて何を信じないかを決定する権利はないと指摘しました。

控訴院は、その判決を下すにあたり、市民的及び政治的権利に関する国際規約第18条の規定を適用しなかった。

ヴォトキンスクにおけるゴボゼフとポタポフの事例

ケース履歴
2021年1月、年金受給者で退役軍人のセルゲイ・ゴボゼフさんと、ヴォトキンスク出身の修理技術者ミハイル・ポタポフさんが拘束された。調査委員会は、過激派組織の活動を組織したとして彼らを告発したが、その理由は、男たちが友人たちと集まって聖書について話し合ったからに過ぎない。その結果、ポタポフは公判前勾留で4カ月を過ごし、ゴボゼフは自宅軟禁状態となった。その後、2人とも特定の活動を禁止された。2021年9月、この事件は法廷に持ち込まれました。審理中に、検察側の証人が圧力をかけられ、証言が偽造されていたことが明らかになった。2024年3月、検察官は信者に6.5年の禁固刑を求刑したが、裁判所はゴボゼフに45万ルーブル、ポタポフに40万ルーブルの罰金を科した。控訴裁判所は判決を効力のあるままにした。
年表

事件の被告

ケースの概要

地域:
ウドムルティア
解決:
ヴォトキンスク
疑われるもの:
「ゴボゼフとポタポフが組織し、指揮した違法な宗教集会の過程で、『聖書-新世界訳』という本の記事が研究された」(被告人として起訴する決定から)
刑事事件番号:
12102940001000201
制定:
2021年1月20日
事件の現段階:
評決が発効した
偵知:
ウドムルト共和国ロシア連邦調査委員会調査総局
ロシア連邦刑法の条項:
282.2 (1)
裁判例番号:
1-6/2024 (1-9/2023; 1-25/2022; 1-542/2021)
裁判所:
Воткинский районный суд Удмуртской Республики
裁判官:
Тамара Макарова
ケース履歴