プロフラドヌイのアコピヤンの事例

事件の簡単な歴史

1980年代後半、アルカディア・ハコビャンと妻、3人の子供は、アゼルバイジャンでの民族浄化から逃れてきた。それから25年以上が経ち、平和な老人だったアルカディアは、宗教弾圧の犠牲者となった。2016年6月には、公の場での演説で他宗教の信者の尊厳を傷つけたとして刑事告訴が開始された。2017年5月、プロフラドネンスキー地方裁判所で審理が始まり、その間に、事件の根底にある目撃者の証言は虚偽であり、専門家の意見は誤りに満ちていることが判明しました。検察官は信者に3年の執行猶予を求刑した。2018年12月、オレグ・ゴロバシュコ判事は、この信者に120時間の強制労働を言い渡した。2019年3月、カバルディノ・バルカリア共和国最高裁判所は有罪判決を覆した。ハコビャンはすべての容疑を晴らされた。